禁止行為について

AS会員としてのルール

AS会員の皆様には会員登録時に同意いただく規約に基づき、アフィリエイトプログラムにご参加いただいております。
多くの方には規約を守って活動いただいておりますが、残念なことに規約を守らずに不正を行う方も見られます。

もう一度確認しようモバハチネット AS会員利用規約

以下がMoba8.netで禁止されている行為になりますので、アフィリエイト活動をする前に必ず目を通して、
これらの禁止行為を行わないようご留意ください。

AS会員としての禁止行為
AS会員としての資格違反
AS会員としての遵守事項
AS会員としての立場
当社の不正に対する考え方
景品表示法関連の禁止事項
医薬品医療機器等法関連の注意事項
貸金業法関連の禁止事項
金融証券取引法関連の禁止事項
特定電子メール法関連の注意事項
保険業法改正に関する注意事項

AS会員としての禁止行為

Moba8.netでは以下のような行為を禁止しています。
自分でクリック
第三者と協力してクリック
自らの利益などを目的として、自分で広告をクリックすることや、第三者と協力して広告をクリックすること。
自分で広告に申し込む
第三者と協力して広告に申し込む
自分の利益のために興味がない広告に申し込みを行うことや、同じ広告に何度も申し込みを繰り返すこと。
第三者と協力して成果を目的とした申し込みを行うことや、転売を目的として広告に申し込みを行うこと。
虚偽の情報を使用した申し込み 存在しない情報を基に広告に申し込みを行うことや、他人の情報を無断で使用して広告に申し込みを行うこと。
第三者の申し込みを代理で行う行為 第三者の個人情報を使用し、第三者の代理として広告に申し込みを行うこと。
成果報酬行為の依頼 広告宣伝のためではなく、自らの利益やサイト運営、または募金や支援を目的として、クリックや申し込みを依頼すること。また、広告のクリックや申し込みに対しインセンティブを付与すること。
リードメールサービス等への広告掲載 リードメールサイトやトラフィックエクスチェンジ、オートサーフなどのサービスへ広告素材を出稿すること。
掲示板やメールでのスパム行為
迷惑行為に該当する宣伝行為
2ちゃんねるなどの掲示板や、商用利用を禁止しているmixiなどのサイトへ広告を掲載すること。
また、受信者の承諾を得ていない状態で広告メールを配信すること。
スパム行為であるため、特に厳しく取り締まっています。
ブログのコメントスパム、トラックバックスパムなどは第三者への迷惑行為となります。
広告素材の改変 生成された広告コードを広告主に無断で変更すること。
バナー画像の変更や、テキスト広告の文言の変更が該当します。
また、広告コードからリンク部分のみを使用することも禁止行為です。
登録外サイトへの広告掲載 Moba8.netへ登録していないサイト(及び登録を削除したサイト)、
登録していないメールマガジンや個人宛のメールなどに広告を掲載すること。
またはご自身で管理・運営を行っていないサイトへ広告を掲載すること。
必ず広告を掲載するサイトをご登録ください。
終了プログラム、提携解除済プログラムの広告掲載 終了したプログラムの広告や、提携解除済みの広告を掲載し続けること。
なお、プログラムの終了又は提携の解除後におきましては、広告スペースに当社サービスのバナーが自動的に表示され、閲覧者が得られなかった情報等を提供できるサイトへのリンクを、当社が任意に設定致します。
なお、当該リンクを通じての閲覧者誘導につきましては、成果報酬は発生致しません。
ビジターに誤解を与える広告掲載方法 広告素材をサイトコンテンツであるかのように掲載し、ビジターが誤って広告をクリックするなど、誤解を与えるような記載もしくは掲載をすること。
または事実と異なる情報を用いて広告を宣伝すること。
広告主や他のAS会員、第三者に迷惑をかける行為 広告主の提示する掲載条件を守らずに掲載することや、他の方に迷惑をかけるような宣伝をすること。
広告主の競合他社の商標や社名、商品名等を用いて広告を宣伝することや、誹謗中傷により広告を宣伝することも迷惑をかける行為に該当します。
Twitter等SNSツールの不正利用 Twitterのアプリ連携機能を利用するなどして、意図しないリツィートの投稿やフォロー等をさせることや、過度に広告のみの内容を配信すること。

広告内容と関係ない文章やハッシュタグを用いたり、広告主から直接配信されているようにみせかけるなど、ユーザーに誤解を招く宣伝をすること。
また、広告を掲載するTwitterのアカウントは必ずサイト登録を行ってください。外部非公開のSNSツールに広告を掲載することは禁止していいます。
著作権、知的所有権など各種法律上の権利を侵害する行為 Moba8.netサイト内の画面を無断で転用するなど、他者の著作物を無断で転載すること。
または肖像権、商標権の侵害など各種法律上の権利を侵害すること。
禁止行為の助長 禁止行為を助長する内容を含む商材・マニュアル等を販売若しくは無料配布・公開すること。
複数のアカウントを取得 同一の個人または同一の法人により、複数のアカウントを運営すること。
QRコードについて Moba8.netで提供しているQRコードをAS以外の媒体に掲載する場合、事前に弊社の許可が必要です。
必ず as-support@moba8.net までご連絡ください。
成果条件の公開 AS会員登録しないと見られない情報をサイトやメールマガジン等に公開すること。

以下のようなケースでも修正をお願いする場合がございます。

  • リスティング広告において、広告主の登録商標や会社名、その他禁止キーワードの検索結果に表示された場合。
  • 広告主やサービス内容に関する説明書きに誤りがある場合。
広告主様の判断により、成果報酬のキャンセル、提携の解除などが行われることがございます。
修正に応じていただけない場合や悪質と判断した場合は強制退会となる場合もございますので、予めご了承ください。

AS会員としての資格違反

以下のようなサイトはMoba8.netへ登録できません。
サイト担当者が18歳未満 下記2点を理由に、18歳未満の方の登録を禁止させていただいております。
・アフィリエイトは金銭を伴う社会的活動である為。
・成果報酬金額が高額になり、18歳未満の方にお支払いする金額としては適切でない為。
保護者の許可があった場合でも、サイトの担当者が18歳未満の場合は登録いただけません。
AS会員の登録時の情報に偽りがあること 虚偽の情報でのAS会員登録や、Moba8.netが配信するメールを確認することができないメールアドレスでのAS会員登録。
閲覧制限などにより、特定の人しか閲覧できないサイト mixiや各種SNSなど、特定の人にしか閲覧できないサイトの登録。その他、登録URLの入力ミスなどによりサイトの閲覧ができないサイト。
ASご本人様が管理・運営を行っていないサイト オークションスペースなどをはじめとする、ご自身が管理・運営を行っていないサイトの登録。
アダルトサイト アダルトサイトの登録は禁止しています。
同時に、登録サイト内にアダルト画像やアダルト広告、アダルトサイトへのリンク等を掲載することも規約違反となります。
外国語のみで構成されたサイト 日本語で内容を確認できないサイトの登録は禁止しています。
強制退会者の再登録 過去に強制退会になった方はMoba8.netに登録いただけません。

以上にあげた禁止行為はあくまで一例となっております。
AS会員ご登録の際には、必ず会員利用規約をご確認ください。
モバハチネット AS会員利用規約

AS会員としての遵守事項

AS会員として活動いただくにあたり、下記のようなルールを設けております。
登録アドレスの管理 弊社及び広告主からのお知らせはメールで行いますので、常に受信可能な状態にご設定ください。メールでの連絡が取れない場合、退会処分となる場合がございます。
口座情報の管理 ご登録の口座情報に不備があると振込みできません。エラーになった口座は変更しないと振込を延期させていただくことがございますので、正しい情報でご登録ください。
広告主への直接連絡の禁止 アフィリエイトに関することについて、電話やメールなどで所定のフォーム以外から広告主へ直接連絡を取ることは禁止しております。
広告主への連絡は管理画面内のフォームからお願いします。
>>FAQ:http://support.moba8.net/asfaq/04/#5602
関連規定の遵守 AS会員利用規約や当ページ、プログラムごとの詳細条件または各種関連法規に違反しないように活動してください。

AS会員としての立場

AS会員として登録された方は、広告の宣伝効果に対して報酬を得るアフィリエイトプログラムに参加しています。
Moba8.netではAS会員をビジネスパートナーと位置付けており、同様に広告主もAS会員をビジネスパートナーとして
提携をしております。この信頼関係があるからこそ、AS会員としてアフィリエイト活動をすることができますし、
宣伝効果として報酬が支払われていることを、是非覚えていてください。

ご自身のアフィリエイト活動を円滑に行うためにも、規約を守り広告主と良好なパートナーシップを築いていくよう、ご協力をお願いします。

当社の不正に対する考え方

【悪質な不正には、法的な措置を取ります】
Moba8.netでは不正に対して厳しく対応しています。
不正行為であげた成果に対して成果報酬はお支払い出来ません。
また過去にお支払済みの報酬の返還を請求する場合もあります。
更に、悪質だと判断した場合、法的な措置や刑事事件として訴訟を起こすケースもあります。
当社では調査専用の部署を設け、不正行為が行われていないか厳重に監視し、どのような場合でも不正を見逃さないように体制を整えています。
(見つからないだろうという安易な気持ちで不正を行うことはやめましょう)

強制退会、及び返還請求の事例は以下になります。
不正行為への対応事例

事例1 無料で申し込みができるプログラムと提携し、架空の情報を使い本人申し込みを繰り返した為、強制退会となりました。今まで支払った報酬全額の返還を請求するも、多額のため分割にて返還を受けました。
事例2 不正目的で10のアカウントを取得し、クリック課金つきプログラムと提携。登録アカウントすべてで広告を自分でクリックし成果を得ていた為、強制退会となりました。今まで支払った報酬全額の返還をAS会員に請求致しました。
事例3 200のクリック課金つきプログラムと提携し、連日各広告を自分でクリック。不正行為にて一日1000クリック以上を発生させた為、強制退会となりました。今まで支払った報酬全額の返還をAS会員に請求し、即日のうちに返還を受けました。
事例4 虚偽情報を使用し、20のアカウントを取得。別人物を装い、ほぼすべてのアカウントで広告を自己クリックしていた為、強制退会となりました。今まで支払った報酬全額の返還を請求するも、AS会員からの返答がない為、現在刑事事件として告訴準備中です。
事例5 インターネット上で協力者を募り、結成されたグループ内でお互いに広告をクリック。第三者と共謀し、不当な成果を得ていた為、全参加者が強制退会となりました。成功報酬は没収致しました。
事例6 AS会員自身の運営するリードメールへ広告を掲載し、広告のクリックに対しインセンティブを付加。当サービスの主旨を外れた成果が発生した為、強制退会となりました。成功報酬は没収致しました。
事例7 第三者からの連絡により、ビジターにサイトコンテンツ利用と引き換えに広告への申し込みを依頼していることを確認。広告の目的に反した宣伝方法である為、強制退会となりました。成功報酬は没収致しました。
事例8 掲示板管理者からの連絡により、某掲示板にて広告素材の掲載を確認。第三者へ迷惑となる宣伝行為及び登録外サイトへの広告掲載である為、強制退会となりました。成功報酬は没収致しました。
事例9 広告とは無関係の画像に広告リンクを設定し、クリックすると広告主ページへ遷移するように改変。ビジターを騙し、不当に成果を得ていた為、強制退会となりました。成功報酬は没収致しました。

※あくまで全体から見るとわずかな会員による行為です。禁止行為の判断は、当社、広告主にて調査をした上、AS会員に対する通知をするものと致します。

【強制退会】
慎重な調査の結果、強制退会と判断されますと、未払い分の全ての成果報酬のお支払いを拒否させていただいております。
また、 二度とMoba8.netで活動いただくことはできません。

景品表示法関連の禁止事項

景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)では、商品やサービスの品質、価格等を偽って表示することなどを規制しており、下記のような広告を行うと
景品表示法違反となるおそれがあります。古い広告素材をそのまま掲載していることが問題となる場合もございますので、十分ご注意ください。
規制されている表示の種類の例
※他にも二重価格やおとり広告等、規制される表現は多くあります。

優良誤認 商品やサービスの性能、品質、効果などの内容を実物よりも良いと誤解させるような表示
明確な根拠なく他社商品より良いように誤解させるような表示
有利誤認 商品価格や契約条件などについて、実際のものや他社のサービスより良いと誤解させるような表示
NG例
表示している内容 実物の状態
カシミア100%のストールと表示 実際は混紡のストールであった
国産ブランド牛肉と表示して牛肉を販売 実際は輸入肉であった
会員数は業界一の20万人であるサービスと表示 実際は業界一位ではなかった、19万人しかいないサービスであった
今ならキャンペーンにより、通常価格10,000円の半額5,000円で商品購入することができると表示 実際はキャンペーン期間はすでに終了しており、半額で商品購入することはできなかった
通常価格39,800円の商品を、特別価格として9,800円できると表示 実際は購入対象商品を通常価格39,800円で販売した実績はなく、いつでも9,800円で購入可能な状態であった
当サイト限定値引き価格19,800円で商品を購入することができると表示 実際は他のサイトでも19,800円で購入することができる状態であった

上記NG例はあくまで過去に違反とされた例であり、景表法の違反にあたる場合はこれだけに限られません。
なお、詳細や不明点につきましては消費者庁の窓口などにご確認ください。
(参考)
消費者庁ホームページ:
http://www.caa.go.jp/representation/index.html
消費者庁提供パンフレット 事例でわかる!景品表示法[PDF:1.6M]
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/110914premiums_1.pdf
(注意)景表法による規制がAS会員に対して直接適用されるかどうかは解釈の余地がございますが、当社のルールとして、景表法に反する表現は禁止させていただきます。

医薬品医療機器等法関連の注意事項

平成26年11月25日から、薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)」に名称が変わりました。 医薬品、健康食品関係の広告については、医薬品医療機器等法により規制されており、下記の形の広告を行うと、医薬品医療機器等法違反となるおそれがありますので、十分ご注意ください。
なお、詳細や不明点につきましては各所轄都道府県の所管の担当までお願い致します。

(参考)東京都福祉保健局ホームページ
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/anzen/supply/

規制されている主な項目
健康食品・ダイエット食品について 健康食品・ダイエット食品に、医薬品と紛らわしい効能、効果又は性能などの表示・広告や誇大表示を行うこと。
医薬品、医薬部外品、化粧品、
医療用具について
医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器の名称、製造方法、効能、効果又は性能に関して、虚偽又は誇大な広告を行うこと。
未承認医薬品について 未承認医薬品(国内において承認されていない医薬品)の広告を行うこと。健康食品やダイエット食品として販売されているものであっても、原材料に医薬品として定められている原材料が含まれているものは未承認医薬品となります。

貸金業法関連の禁止事項

貸金業法における自主規制につきまして、クレジット、ローン系プログラムでは以下の内容が禁止事項となります。
必ずご確認の上、ご掲載を進めていただけます様お願いいたします。
※違反された場合にはMoba8.netを退会処分とさせて頂く場合もございますので、禁止行為を行わないようご留意ください。
(参考)金融庁ホームページ
http://www.fsa.go.jp/policy/
http://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/
主な禁止事項
広告の掲載を禁止しているサイト ・出会い系やギャンブルカテゴリのサイト。またはそれらコンテンツを含むサイトやページ
・公序良俗に反する内容を含むサイトやページ
借入を助長する文言を使用したサイトやページへの広告掲載 「審査が甘い」「柔軟審査」「ブラックでもOK」等の文言使用したサイトやページへ広告を掲載すること。
又、カテゴリ名やサイト名での使用も含みます。
広告に対する表記の禁止 サービス内容や会社概要などを誤った情報にて宣伝すること。
貸付利率や限度額などの表記につきましては特にご注意ください。
その他、古い情報がそのまま掲載されていることも禁止しております。

また、上記以外にも各広告主様により独自の禁止事項を設けられている場合がございますので、
必ずプログラム毎の禁止事項をご確認いただきます様お願い致します。

金融証券取引法関連の禁止事項

金融商品取引法において、FX、先物取引等の金融商品の広告では様々な規制が定められております。
これを踏まえ、当社では、以下の内容を禁止しております。必ずご確認の上、ご掲載を進めていただけます様お願いいたします。
※違反された場合にはMoba8.netを退会処分とさせて頂く場合もございますので、禁止行為を行わないようご留意ください。
(参考)金融庁ホームページ
http://www.fsa.go.jp/policy/kinyusyohin/index.html
主な禁止事項
広告の掲載を禁止しているサイト 公序良俗に反する内容を含むサイトやページ及び各広告主毎に掲載を禁止としているサイトへの広告の掲載。
金融商品に対する誇大広告の禁止 金融商品について、確実に利益を得られるように誤解させたり、損失の負担を行う旨の表示等、誇大な広告を行うこと。
誤表記等の禁止 サービス内容や会社概要などを誤った情報にて宣伝すること。
その他、古い情報がそのまま掲載されていることも禁止しております。

また、上記以外にも各広告主様により独自の禁止事項を設けられている場合がございますので、
必ずプログラム毎の禁止事項をご確認いただきます様お願い致します。

特定電子メール法関連の注意事項

「営利目的の団体又は営業を営む場合における個人」である送信者が「自己又は他人の営業につき
広告又は宣伝を行うための手段として送信する電子メール」は「特定電子メール」に該当し、
「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(特定電子メール法)の適用を受けます。
AS会員様が発行するメールマガジンがこの「特定電子メール」に該当する可能性がございます。
詳しくは監督官庁(総務省など)にてご確認くださいますようお願いいたします。
(参考)総務省ホームページ
http://www.soumu.go.jp/joho_tsusin/d_syohi/pdf/m_mail_081114_1.pdf
規制されている主な項目
  • 特定電子メールを送る際には、あらかじめ受信者の明確な同意を得ること
  • 同意を得たことを証明する記録を残すこと
  • 特定電子メールを拒否する方法を設けること
  • 特定電子メールには、受信拒否ができる旨の記載、受信拒否の連絡先となる
    電子メールアドレスまたはURL、送信責任者の情報などの必要事項を表示させること

保険業法改正に関する注意事項

2016年5月29日の改正保険業法の施行に伴い、アフィリエイトサイトで医療保険や介護保険、ペット保険などの保険商品全般の紹介を行う際、保険会社や代理店、保険募集人ではない一般のAS会員様は、商品の詳細な紹介ができなくなりました。

Moba8.netでは一般のAS会員様がサイト内で保険商品の紹介を行う際は、基本的に掲載いただく内容を以下の二点にとどめていただくようお願いしております。ご協力をお願いいたします。

保険商品紹介時の掲載可能な内容

・Moba8.netにて配布している広告素材
・保険商品を販売している会社名及び広告主名
※その他の掲載可能な内容につきましては、各プログラムにより方針が異なりますので、管理画面より各プログラムのプログラム詳細をご確認ください。

改正保険業法の詳細につきましては、詳しくは監督官庁(金融庁など)にてご確認下さいますようお願いいたします。

(参考)金融庁ホームページ 保険業法等の一部を改正する法律の概要 (PDF)
http://www.fsa.go.jp/common/diet/186/02/gaiyou.pdf